ちょっとした田舎で暮らす

ちょっとした田舎で暮らしています。虫や遊びや手芸とか日々の事を書いていきます。

挟む母と隠す母

ハサミムシ(ハマベハサミムシ)

f:id:little-forest-lily:20210923195513j:image

↑写真の個体は40mm近い大型。

 

石の下など湿った場所で発見する事が多いハサミムシ。海辺や畑、山間部な生息範囲は広い。


植物の葉や果実、動物の死体など何でも食べる雑食性です。また日本だけでなく全世界に広く分布している。

オオハサミムシは不完全変態(卵から孵化した幼虫のときから成虫と同じような姿をしているタイプ)でカブトムシなどは完全変態(卵からイモムシ型幼虫、蛹から羽化して成虫の姿)の昆虫です。

またコブハサミムシは発達した後翅を持ち、羽化時期や越冬前の時期に空を飛べるのです♪
かなり小さい黒い前翅の下には、複雑に折り畳まれた後翅があり(カブトムシなら黒い硬い鎧が前翅で、その下に茶色い半透明の翅が後翅)、器用に一瞬で広げて飛んで行くのです✨

この様なタイプの昆虫はハネカクシも同様です。

f:id:little-forest-lily:20210923200732j:image
f:id:little-forest-lily:20210923200734j:image
f:id:little-forest-lily:20210923200727j:image
f:id:little-forest-lily:20210923200730j:image

ハネカクシ。ハサミムシと姿はよく似てますね♪背中の小さな前翅が確認できますね。写真個体の大きさは25mm。

 

実はこの後翅の折り畳み方は近年まで解明されていませんでした。ずっと謎だったのです。

その後翅の折り畳み方はハネカクシでは左右の翅を最初に重ねたのちに2枚同時に折りたたみ素早く前翅の下に後翅を折り込んで収納するのです。また、左右どちらからでも折りたたむことができる器用な昆虫なのです。

 

その複雑な折りたたみ機構と機能は人工衛星のアンテナや太陽光電池パネルなどに応用されたりと幅広い応用が期待されています。

 

話はハサミムシに戻りますが、岩の下などの巣で産卵し卵のそばから離れることなくお世話を献身的に行います。その期間はなんと40-80日にも及びます。ハサミムシのお母さんは飲まず食わずで卵を守り、敵がくればお尻のハサミを武器に卵の前に立ちはだかる勇敢な昆虫なのです。

卵から沢山のハサミムシの赤ん坊が産まれてきます。最初は真っ白い姿ですが、すでにハサミムシの形をしています。勇敢なハサミムシのお母さんはやっと子育てから解放されるはずですが。。。。ハサミムシの赤ん坊はお腹を空かせています。

その時にハサミムシのお母さんが取る行為は、なんと!自分の身を赤ん坊達に捧げるのです!!!

赤ん坊の最初の食事はお母さんなのです。

※全部のパターンではありません。

赤ん坊の中で母の思いは永遠となり、ハサミムシの世界は母性と言う絆で輪廻していくのでした。

余談の雑学

昔はトイレなどによく出没する昆虫だった為に関西方面ではユニークな地方名が付いていました。ご興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか?怖恥ずかしいですよw

 

おしまい。